特集

特産品

市町村で選択->

  • 青梅市
    青梅市
  • 福生市
    福生市
  • 羽村市
    羽村市
  • あきる野市
    あきる野市
  • 瑞穂町
    瑞穂町
  • 日の出町
    日の出町
  • 檜原村
    檜原村
  • 奥多摩町
    奥多摩町

青梅生まれ“トウキョウX”肉うどん” 東京都青梅市

西多摩発のB級グルメ
青梅市内にある東京都青梅畜産センターで開発されたブランド豚「トウキョウX」の肉を、昔からこの地域で食べられてきた、熱々のうどんに入れました。薄切りの軟らかなお肉の脂身が麺に絡んでお口の中でとろけます。
平成24年度の第1回多摩げた食の祭典 大多摩B級グルメのゴールドグランプリ。販売価格1,000円前後。
トウキョウX”肉うどん”

KINGめし・ライスメンチ 東京都青梅市

西多摩発のB級グルメ
地元産の豚肉を、化学調味料や合成着色料などは、一切使用せず、ライス&とろーりチーズINな、まんまる豚メンチに仕上げました。自家製のオリジナルソースにドボンっとつけて、ガッツリ、アツアツな、大多摩発の「KINGめし・ライスメンチ」を、ぜひ召し上がれ。販売価格330円。
ライスメンチ

焼きまんじゅう 東京都青梅市

西多摩発のB級グルメ
昭和の青梅織物全盛期に生まれた日本のファーストフード。飾らない素朴さが自慢です。自家炊きした十勝産小豆餡をたっぷり詰め込み、米麹だけで作る無添加の手づくり酒まんを香ばしく焼き上げ秘伝のタレをふんだんに絡めました。甘辛い昭和の味が蘇ります。販売価格1個150円。

梅 東京都青梅市

青梅の地名の由来とも言われている梅は
吉野梅郷を中心に市内のお店で梅干しやその他の加工品として販売されております。
観光協会のホームページで紹介されているほかにもいろいろあります。

青梅せんべい 東京都青梅市

ひとくちに「青梅せんべい」と言っても、いくつものお店でそれぞれにこだわりを持って特色のあるものを作っています。ぜひ食べ比べてみてはいかがでしょうか。
観光協会のホームページで紹介されているほかにもいろいろあります。

福生ドッグ 東京都福生市

お店の数だけドッグの種類がある驚きのご当地グルメです。
福生が誇る2大ハムメーカーのソーセージを使用。長さ16cm(福生の象徴ベースサイドストリートの国道16号にちなむ)太さは直径23mm(23、すなわち「ふっさ」の語呂合わせ)という厳格な基準に基づいて作られている。2014年3月にはホットドッグ最長ライン258.11mを達成し、ギネス世界記録に認定された。11店舗12種類のmade in fussa を味わいつくせ!
福生ドッグ写真①
福生ドッグ写真②

ハムライスバーガー 東京都羽村市

西多摩発のB級グルメ
羽村産のお米で炊いたご飯に、こんがり焼き上げたハムを挟んだライスバーガー。羽村産のお米と羽村の水で炊いたご飯に玉子をからめたドッシリとしたバーガー生地にジューシーに焼き上げた高級ハムを挟みました。パンでは味わえない・・この食感を!ぜひお楽しみください。

農産物直売所 東京都羽村市

市内の農家が作った安全で安心な地元の新鮮野菜や旬の花を販売しています。
羽村市農産物直売所

ハムライスコロッケ 東京都羽村市

西多摩発のB級グルメ
羽村産のお米にハムを入れたライスコロッケです。羽村米とハムの絶妙なハーモニーが素朴ながらパンチの効いた味と風味を醸し出しています。まろやかな中身と衣のサクサク感のほど良いバランスがやみつきに!

羽村モヒート

桜リキュールをブレンドし、ミントとライムの爽やかな味わいの中に、ほのかに漂う桜の香りが味わい深いお酒です。花と水のまち“羽村”をイメージしたご当地カクテルを是非お楽しみください。

まいまいずポテト 東京都羽村市

新鮮なジャガイモを丸ごと1個、クルクルと渦巻き状に長~くスライスして、串に刺して揚げました。羽村の名所まいまいず井戸をイメージした形で、ポテトチッブとフライドポテトの良いとこ取りです。経験したことのない食感をお楽しみください。味は、塩・カレー・明太マヨ・コンソメの4種類です。

だんべぇ汁 東京都あきる野市

西多摩発のB級グルメ
“喰ってけよー!”“うまいだんべぇ!”そんな五日市弁のふれあいに、おもてなしの心が隠されています。だんべぇ汁は、平成元年から開催された「秋川渓谷自然人レース」で振舞われ、今では「日本山岳耐久レース」で提供しています。地元食材にあふれただんべぇ汁をご賞味ください。

旨汁カレーパン 東京都あきる野市

西多摩発のB級グルメ
口に入れた瞬間「カリっ」そして次の瞬間「トロッ」大地の恵みの野菜やフルーツと共に肉汁たっぷりのキーマカレーが口の中いっぱいに広がります。食べたあなただけが味わえる、サイコ―のひとときを楽しんでください。販売価格160円

あきる野名産「秋川とうもろこし」 東京都あきる野市

あきる野市産農産物の代表格
「とうもろこし街道」と五日市街道が呼ばれるほど、以前は、街道沿い販売が盛んに行われておりました。現在は、街道沿いでの販売は減り、主に市内3つの直売所で販売されいています。種類が豊富にありますので、食べ比べしてみてはいかがでしょうか。
あきる野名産「秋川とうもろこし」

のらぼう菜 東京都あきる野市

主に五日市地区で生産される野菜
主に市内の五日市地区で生産される葉物で、東京都の地域産業資源として認定を受けています。くせが無く茎まで柔らかいので、胡麻和えやおひたしなど、シンプルな味付けのものに最適です。
のらぼう菜

東京都産「秋川牛」 東京都あきる野市

市内の牧場で生産、市内の精肉店で販売
岩手、米沢系の子牛を飼育し、肉質は黒毛和牛の最高ランクのA5とA4のみと品質が高い。東京都の地域産業資源として指定されています。
イメージしたロゴ
ブロック
レトルトカレー

五日市染 東京都あきる野市

「幻の黒」黒八丈をよみがえらせた絹製品
かつては「五日市」と呼ばれ、全国に流通していた泥染めの絹織物「黒八丈」を今によみがえらせました。地元で糸を撚り上げ、染めた糸を秋川の清流で洗います。この絹糸の細工物が五日市染です。20回近くの染を重ねることによって独特の風合いが生まれます。
五日市染(黒八丈)の巾着
五日市染(黒八丈)の名刺入れ

おやき 東京都あきる野市

昔から親しまれているおやつ
餡を小麦粉を使った皮で包み、形は平たい円状で焼き目をつけたお菓子です。信州の野沢菜等を包んだものと違い、小豆の餡が特徴。最近は、かぼちゃ、むらさき芋などの餡も用いられています。
おやき

東京狭山茶 東京都瑞穂町

瑞穂町は、都内でもトップクラスのお茶の一大産地です。「やぶきた」品種が東京狭山茶にも広く普及していて、甘みがあってコクのある渋みがミックスした濃厚な味が自慢。この味は、寒い冬を越えると一層深まり、さらには狭山火入れという独自の仕上げ技術製法がポイントになっています。
狭山茶と呼ばれるようになったのは、もともとは明治8年に埼玉県入間市に製茶輸出を行う「狭山会社」ができたのがキッカケ。現在では町内のいたる所にお茶畑が見られ、10カ所もの茶工場があり、八十八夜の頃になると一番茶の摘み取りが始まります。茶工場からはふわーっと爽やかなお茶の香りが漂ってきます。
東京狭山茶
瑞穂町ホームページ>見どころ>町の特産品

シクラメン 東京都瑞穂町

岩蔵街道には数多くの温室があり、この街道は通称「シクラメン街道」と呼ばれています。そのほか駒形富士山、武蔵地区にも温室があり、四季を通じて様々な花が栽培され、なかでもシクラメンは東京都内で最大の生産量を誇っています。11月初旬から12月中下旬までのあいだは、個々の農家が温室内でシクラメンを直売形式で販売しており、季節の風物詩となっています。温室内では、白・ピンク・赤など色とりどりの花が咲いており、眺めるだけでも楽しめます。農家によって栽培している品種が異なるので、いくつかの温室をはしごするのも一つの楽しみ方です。
シクラメン
瑞穂町ホームページ>見どころ>町の特産品

東京だるま 東京都瑞穂町

瑞穂町では、100年も前からだるま作りが行われてきました。そのだるまは「東京だるま」あるいは「多摩だるま」と呼ばれ、町内には今も5軒のだるま職人さんたちがその技術を伝承し続けています。もともとは、農家が冬の農閑期に副業としてはじめたこのだるまづくり。昔から各農家ごとに伝来の木型があったといわれています。現在も、一つ一つ丁寧に手作りされていて、どれも顔や形に個性があります。近年では、だるま抱き猫や様々な色彩で塗られただるまが登場しています。
東京だるま
瑞穂町ホームページ>見どころ>町の特産品

ひので赤い将門うどん 東京都日の出町

西多摩発のB級グルメ
日の出町産の日の出トマトを使用。日の出町肝要の里で製造した「日の出トマトのハーブソース」「トマトピザソース」を、炒めたひき肉と玉ねぎに合わせたら餡が出来上がり。麺は将門うどんを、ひので赤いうどん用に開発した自家製麺を使用。日の出トマトケチャップで炒めた麺に、熱々の餡を掛けてお召し上がりください。
赤い将門うどん

トマト入り赤い中華風うどん 東京都日の出町

日の出町名物赤いうどんの中華あんかけ。日の出トマトを練り込んだ麺のうどんと、日の出トマトが入り、ボリューム満点です。中華風ですが、うどんとの相性もバッチリです。是非、ご賞味ください。
トマト入り赤い中華風うどん

日の出完熟トマトカレー 東京都日の出町

完熟した日の出トマトを使ってカレーライスを作りました。トマトの酸味とカレーのスパイスが程よくマッチして、炊き立てご飯によく合います。ヤングコーンとグリーンアスパラと日の出トマトが彩りを添え、ヘルシーな野菜カレーとなっています。
日の出完熟トマトカレー

ブルーベリージャム 東京都日の出町

日の出町のブルーベリージャムは、こだわりの逸品です!
日の出町のブルーベリージャムは、町内産の良質なブルーベリーを厳選して作った無添加、無着色、無香料のジャムです。パン・ホットケーキ、ヨーグルト、アイス、果物などにかけたり、薄めてジュースや牛乳に混ぜてお飲み頂いても、製菓材料としてもお使いいただけます。さまざまなお召し上がり方ができますので、是非色々お試しください。開封後はなるべくお早めにお召し上がりください。
なおご使用後はすぐにフタを閉め、冷蔵保存でお願いいたします。
ブルーベリージャム

日の出トマト 東京都日の出町

日の出トマトは、こだわり栽培!完熟もぎの新鮮トマトです。
日の出トマトは完熟してから収穫しています。色づく前に収穫したり、寝かしたりしないので新鮮さが違います。有機肥料にもこだわっています。馬糞ベースの独自ブレンドです。流行の品種を使用せず長年の経験を活かして糖度を高くし、アクも残しています。日中はガラス温室で紫外線をいっぱい浴びて、夜間は奥多摩のふもとの冷え込む環境の中でいじめられて育っています。
甘さとアクがたっぷり凝縮されています。
箱入りトマト
トマトハウス
トマト

じゃがいも 東京都檜原村

檜原村の特産品で、村の急峻で水はけの良い畑で育てたじゃがいもは、ホクホクとしてとても美味しくいただけます。
じゃがいも

じゃがいも焼酎 東京都檜原村

檜原村で収穫したじゃがいもで焼酎を造りました。村内の販売店でお求めいただけます。森と清流に囲まれた自然豊かな檜原村の、急峻で水はけの良い畑で育んだ特産のじゃがいもの風味をご賞味下さい。
じゃがいも焼酎

ゆずワイン 東京都檜原村

檜原村特産のゆずを原料にしたワインで、村内の酒販店でお求めいただけます。秋になると村はゆずの豊かな香りに満ち溢れます。特産のゆずを凝縮した健康の一滴、ゆずワインです。
ゆずワイン

ひのじゃがついすたぁ~ 東京都檜原村

生地に檜原村特産のじゃがいもを使用して、甘さともちもち感があります。 生地の上に豚肉を揚げたものとキャベツをのせ、自家製のお好みのタレ(塩ダレ、チリソースなど)をつけて食べるので、小さくても食べごたえのある一品です。(イベント時のみ提供)
販売価格 300円
ひのじゃがついすたぁ~

ひのはら焼きそば 東京都檜原村

檜原村特産のじゃがいも、こんにゃくを使用した味わい深いソース焼きそばです。 じゃがいもは素揚げして盛り付け、肉を一切使用せず代用としてこんにゃくを細切りしたものを使用しているので、弾力、歯ごたえがあります。(イベント時のみ提供)
販売価格 300円
ひのはら焼きそば

奥多摩のわさびコロッケ 東京都奥多摩町

西多摩発のB級グルメ
奥多摩の名産である「ワサビ」、じいちゃんが種から手塩にかけて育てた美味しい「ワサビ」を、これまた奥多摩の土地柄、美味しく出来る「じゃがいも」のゴールデンコンビ。サクっとした衣の中にしっとりポテトとワサビの爽やかな香りとともにシャキシャキとした食感を楽しめます。絶品の「塩麹わさび」をつけていただきます。販売価格2個700円。
わさびコロッケ

わさび丸ごと根っ辛うどん 東京都奥多摩町

西多摩発のB級グルメ
奥多摩の清流で育まれた、新鮮な「わさびを丸ごと」使っています。甘めのだし汁に、わさびのすりおろした根、きざんだ葉と茎を和えて食べるうどん。辛みと甘みが絶妙なハーモニーを醸し出し、のどごし最高、一口食べたらやめられない、あとを引くおいしさです。奥多摩らしい素朴でさっぱりとした味を、どうぞ召し上がれ。販売価格680円。
わさび丸ごと根っ辛うどん