特集

観光名所

市町村で選択->

  • 青梅市
    青梅市
  • 福生市
    福生市
  • 羽村市
    羽村市
  • あきる野市
    あきる野市
  • 瑞穂町
    瑞穂町
  • 日の出町
    日の出町
  • 檜原村
    檜原村
  • 奥多摩町
    奥多摩町

御岳山・武蔵御嶽神社 東京都青梅市

表情豊かな自然と信仰に守られた都内屈指の観光地
御岳山は、標高929m、秩父多摩甲斐国立公園の表玄関に位置し、古くから霊山と崇められた信仰の山です。山頂付近では、宿坊などを営みながらそこで生活している集落や信仰のシンボルである武蔵御嶽神社、さらには自然の中の滝やハイキングコースなど、都内とは思えない世界が広がり、子どもから高齢者まで楽しく散策できます。
綾広の滝
武蔵御嶽神社
雪のケーブルカー

青梅マラソン 東京都青梅市

大衆マラソンの草分け、早春の青梅路を2万人が疾走します。
「マラソンの普及と強化」を目的に、誰でも参加できる大衆マラソンとして1967年3月5日に始まった青梅マラソン大会も、50回という記念すべき大会を無事終え、100回に向け新たなスタートへと踏み出しました。現在では、毎年約2万人ものランナーが参加しており、例年2月第3日曜日に開催しています。
30kmのコースは、青梅市の東青梅四丁目を起点に奥多摩街道、旧青梅街道、国道411号線に沿って奥多摩方面に青梅線に沿うように15km進み、標高差85.8mで起伏のある折り返しコースとなっています。
青梅マラソン・スタート

吉野梅郷コース 東京都青梅市

「東京の奥座敷」吉野梅郷。
東京都心から約90分、秩父多摩甲斐国立公園の玄関口に位置する吉野梅郷。
多摩川の渓流と日の出山山系の自然に囲まれています。中心にある「梅の公園」は現在再生中です。また、文豪吉川英治の原稿や著作が展示された吉川英治記念館、日本の伝統美の文化といえる貴重な着物を収蔵したきもの博物館など、数々の文化財にも恵まれた自然と文化の薫る地でもあります。
青梅きもの博物館
吉川英治記念館(英治の書斎)

青梅市納涼花火大会 東京都青梅市

青梅駅の北にある永山公園グラウンドで行われる花火大会。
会場内すべて有料席です。人気がありますので購入はお早めに。また、会場付近はかなり混雑しますが、少し離れた所からでも十分楽しめます。ぜひご覧ください。

国道沿いの商店街 東京都福生市

国道16号沿いの異国情緒あふれる商店街
横田基地に面した国道16号沿いの商店街(ベースサイドストリート)には、エキゾチックで個性的な商店が立ち並び、国際的な一面を見ることができます。
国道沿いの商店街の写真

福生ほたる祭 東京都福生市

初夏の訪れを告げる恒例の祭り
毎年6月に地元の熊牛町会の皆さんが実行委員を組織し祭りを開催し、ほたる公園及び玉川上水青梅橋付近でホタルを鑑賞することができます。その他、模擬店も多数出店します。
ほたる祭の様子
ほたる祭の様子

ふっさ桜まつり 東京都福生市

多摩川堤防沿いに500本の桜が咲き誇ります。
毎年3月下旬~4月上旬にかけて開催されます。永田橋から睦橋間の多摩川堤防沿いの2.5キロに渡って、ソメイヨシノ500本が咲き誇り、開催期間の土日にはパレードなど、さまざまな催しでにぎわいます。
民踊パレードの様子
桜並木と多摩川の写真

福生七夕まつり 東京都福生市

毎年40万人近くの来場者が訪れる、福生の一大イベント
毎年8月初旬の木曜日~日曜日の4日間開催されます。地元の商店街の方が創意工夫を凝らした手作りの竹飾りが会場を埋め尽くし、金曜日には民謡パレードの開催、土・日曜日の2日間には、約100店舗の市民模擬店が出店されます。
福生七夕まつりの様子
福生七夕まつりの様子

はむら夏まつり 東京都羽村市

はむら夏まつりの1日目は、羽村独自の民踊「人波踊り」や「万灯行列」のパレード、2日目は熱気溢れる「サンバ」を行います。その他、両日にわたりステージショーや模擬店など、楽しいイベントが目白押しです。
はむら夏まつりは、毎年7月の最終土曜日・日曜日に羽村駅周辺で行っています。
サンバパレード
真夏の熱演
万灯行列

羽村市動物公園 東京都羽村市

アットホームな雰囲気が魅力の動物公園です。ヒヨコやモルモットと触れ合ったり、ミニブタやシバヤギにエサをあげることができます。

根がらみ前水田のチューリップ 東京都羽村市

市内唯一の田園地域である根がらみ前水田では、水田の裏作を利用し、毎年約40万球のチューリップが植えられ、4月には色とりどりの花を咲かせます。昭和63年に「花いっぱい運動」の配付用球根を増やす活動から始まり、現在では関東最大級のチューリップ畑となっています。11月から5月までの休耕田を利用し、毎年4月上旬から下旬にかけて様々な色・形のチューリップ約40万本が咲き誇ります。

玉川上水羽村取水堰 東京都羽村市

玉川上水は、人口の増加した江戸へ水を送るため、承応2年(1653)に開削されました。多摩川の水を取り込む取水堰は、洪水の時に上水路崩壊を防ぐため余分な水を流す「投げ渡し堰」という構造で建設され、江戸時代から変わらず現在に至っています。
羽村取水堰は、平成26年に公益社団法人土木学会の「土木学会選奨土木遺産」に認定されました。
現在の玉川上水は上水としての機能を維持しており、羽村から取水された多摩川の水は、一部が第3水門から小作浄水場と村山山口貯水池に送水され、残りは小平監視所から東村山浄水場へ送られ、それぞれ東京都民の水道水となっています。
春の羽村取水堰
玉川上水

秋川渓谷の「春」 東京都あきる野市

秋川渓谷には、四季折々の表情をもつ景色を楽しめるスポットがたくさんあります。
「春」は、乙津花の里に桜やツツジが咲き乱れ、光厳寺にある東京都の天然記念物に指定されている推定樹齢400年のヤマザクラは圧巻です。
乙津花の里
光厳寺
小庄桜

秋川渓谷の「夏」 東京都あきる野市

秋川渓谷の夏は新緑から始まります。清流の青と里山の緑が心を癒す夏の秋川渓谷は遊びの宝庫です。河原での水遊び、バーベキュー、川釣りなどアウトドア体験がいっぱいです。
6月中旬になると、梅雨時に映えるあじさいが花を咲かせます。南沢あじさい山の一万株を超える景色は圧巻です。
佳月橋
秋川橋河川公園バーベキューランド
南沢あじさい山

秋川渓谷の「秋」 東京都あきる野市

9月9日の二宮神社秋季例大祭(しょうが祭り)から始まり、9月中旬の正一位岩走神社例大祭、9月28日〜30日の阿伎留神社例大祭はあきる野三大祭りと総称され、大変賑わう祭礼となっております。
秋川渓谷の紅葉は、11月中旬から12月上旬にかけて最盛期を迎えます。秋川沿いは、武蔵五日市駅近くの緩やかな流れと川辺、大小の岩で形作られる岩瀬峡、石舟橋や青木平橋周辺の山深い光景というように各所で趣の異なる紅葉が楽しめます。
阿伎留神社
岩走神社
広徳寺
石舟橋
二宮神社

秋川渓谷の「冬」 東京都あきる野市

秋川渓谷には、気軽にハイキングを楽しめる山が多くあります。一年を通じてハイキングを楽しめますが、冬の澄んだ空気の中、山頂から望む景色は格別です。山頂からは東京スカイツリーが見えることもあります。
また、1月中は武蔵五日市七福神めぐりが行われます。五日市地区の里山に点在する5寺と2地蔵堂を巡り、幸福を招く七体の神様に「万福将来」を祈願します。
金毘羅山頂
石舟橋
武蔵五日市七福神

秋川渓谷瀬音の湯 東京都あきる野市

とろっと肌に吸い付くような感触のアルカリ性単純泉が魅力です。
自然豊かな秋川渓谷と緑豊かな山々に囲まれた温泉。建物には地元あきる野産の木材を使用し、美しい景観を描き出しています。温泉棟より少し離れた場所には、宿泊コテージや足湯も併設しています。秋川のせせらぎと野鳥のさえずりを聴きながら、豊かな緑に抱かれた癒しの空間が堪能できます。
瀬音の湯(内観)
瀬音の湯(内観)
瀬音の湯(外観)

あきる野市内に受け継がれる郷土芸能 東京都あきる野市

各地域の祭礼・市内のイベント・夏まつり
あきる野市は、市内各地域で多くの芸能(囃子・獅子舞・神楽・歌舞伎など)が受け継がれています。これらの芸能は各地域の祭礼や夏まつり・市内のイベント等で披露されています。
二宮神社祭礼(しょうがまつり)
正一位岩走神社例大祭
阿伎留神社例大祭
あきる野夏まつり 

二宮神社 東京都あきる野市

文化財と観光の名所
武蔵六所宮のうちの二宮で、藤原秀郷が平将門追討の折、戦勝祈願したと伝えられています。9月9日の例大祭は「しょうがまつり」の名でよく知られています。また、境内及びその周辺は、旧石器時代からの遺跡の宝庫です。本殿・宮殿は市指定有形文化財です。
本殿
二宮神社

大悲願寺 東京都あきる野市

文化財と観光の名所
建久2(1191)年源頼朝が施主となり、澄秀を開山として平山季重が創建したと伝えられています。開山の澄秀が京都醍醐寺の三宝院と関係があったことから長く同院の末でしたが、明治29(1896)年大和の長谷寺の末となりました。国・都・市指定の文化財などが多数あります。
観音堂
中門(朱雀門)
楼門(仁王門)

広徳寺 東京都あきる野市

文化財と観光の名所
臨済宗建長寺派の寺で、山号を龍角山といいます。寺伝によれば、初め正応長者の妻が堂宇を建て、建長寺70世心源希徹禅師を請じて開山とし、後に正応長者が寄進して伽藍を整備しました。天文20(1551)年大石源左衛門道俊が寺領9ケ所を寄進して再興しています。境域は都の史跡、タラヨウ・カヤは都の天然記念物、総門、山門は市指定有形文化財など多数あります。
広徳寺山門(市有形文化財)
カヤ(都天然記念物)
タラヨウ(都天然記念物)

東京大自然 七つの遊歩道 東京都瑞穂町

六道山公園へ向かうコースとして七つの遊歩道が整備されています。お伊勢山遊歩道には、狭山丘陵で一番高い標高194mの一等三角点と狭山懸橋があります。見晴らし台やフィールドアスレチックのあるコースもあり、家族そろって楽しめます。

①お伊勢山遊歩道―30分→高根山遊歩道
②高根山遊歩道―25分→六道山公園
③大日山遊歩道―25分→六道山公園
④天王山遊歩道―25分→六道山公園
⑤台坂遊歩道―25分→六道山公園
⑥石畑新道遊歩道―25分→六道山公園
⑦尾引山遊歩道―20分→六道山公園

六道山公園(ろくどうやまこうえん)(新東京百景) 東京都瑞穂町

文化の森・六道山公園の春は桜吹雪で始まります。公園内の山桜は日露戦争以来の出征兵士が植えたもので、古くから桜の名所として多くの人々に親しまれてきており、町をあげての盛大なさくらまつりも行われます。
シンボルとなる展望台からは狭山丘陵の四季を眼下に楽しむことができ、秋には渡り鳥の観察にも利用されます。

大久野のフジ 東京都日の出町

大久野の坊平地区にある推定樹齢約400年の天然のフジの古木、都の天然記念物。根回りが3mあり、アラカシとスギにまきつく様子はまるで大蛇がとぐろを巻いているようで圧巻です。野生のフジとしては都内で有数。花の見ごろはゴールデンウイーク前後の10日間ほどです。フジ棚はなく、花はフジのある園地の丘の上から見下ろすように鑑賞します。
大久野のフジ
大久野のフジ(全景)

幸神神社のシダレアカシデ 東京都日の出町

大久野の幸神地区、幸神神社の参道にあるアカシデの木の変異種で、国指定文化財(天然記念物)です。本来のアカシデは天に向かって枝を伸ばしますが、この木は綺麗に枝が枝垂れていて、伏せたお椀のような樹形をしています。この木から取れた種を蒔いても、ほとんどの木は枝が枝垂れません。力強い新緑の時期、赤く色付く紅葉の時期、葉を落とし見事な枝振りが良く見える冬の時期と1年を通じて楽しめます。
シダレアカシデ
シダレアカシデ

妙見宮 東京都日の出町

平井の谷ノ入地区、東光院の境内にある小高い丘の上に建つ、韓国風の極彩色の建物です。常に北天の中心に座し運命をつかさどる北極星を妙見菩薩として祀る宮殿です。現在の建物は昭和62年に韓国の資材と職人の手によって再建されたものです。
妙見宮
韓国様式の極彩色の建物

白岩の滝 東京都日の出町

白岩の滝のハイキングコースの入り口付近にある3連の滝です。平井川の支流、タルクボ沢の中流に位置し、付近には白岩の滝を含め大小18の滝が連続しています。
白岩の滝の中位と下位の滝は、下流から見ると1つの大きな滝に見えます。その滝壺の付近ではかつて、日照りが続くと雨乞いが行われていたそうです。会の滝のほとりには、今も小さな”ほこら”が遺されています。
白岩の滝

日の出山 東京都日の出町

東京西部、町名の由来でもある日の出山は、関東平野の西端部と関東山地の東端部が接するところにある標高902mの山です。秋川源流の三頭山、大岳山から御岳山と連なる秩父多摩甲斐国定公園の大きな稜線の末端に位置し、四季を通じて様々な表情の展望を楽しめます。
山頂は関東平野を一望でき、空気が澄んでいれば都心の高層ビル群やスカイツリーはもちらん、横浜のランドマークタワーから筑波山まで望むことが出来ます。
日の出山 眺望
山頂付近のツツジ
山頂での初日の出

自然休養村 さかな園 東京都日の出町

大久野の肝要地区にある自然休養村です。清流平井川を利用した管理釣堀で川釣りやマスの掴み取りが楽しめます。平井川は流れが穏やかで深い淵が少ないので小さなお子様も安心して川遊びができます。
また、バーベキューハウスも完備しており手ぶらでアウトドアが満喫できます。
さかな園 川遊び
レストハウス

日の出山荘 東京都日の出町

中曽根康弘・ロナルドレーガン日米首脳会談記念館
大久野の長井地区にある記念館です。日米の親善と東西冷戦構造を終結へと導き、世界平和に貢献した首脳会談「ロン・ヤス会談」が行われた場所を公開し、歴史的意義と成果を長く後世に伝えます。
日の出山荘 書院内観
青雲堂

日の出町 生涯青春の湯 つるつる温泉 東京都日の出町

大自然と里山の風情あふれる美肌の湯。
大久野の三ツ沢地区、日の出山の麓にある温泉施設です。つるつる温泉は、日の出町の中央を流れる清流平井川の上流三ツ沢にたたずむ天然温泉。深山の緑と山里の風情が心を癒し、お肌をすべすべにしてくれるアルカリ性の泉質は「美肌の湯」としても評判です。都会の喧騒を離れじっくりと静養する1日をつるつる温泉でお過ごしください。
つるつる温泉
和風露天風呂
汽関車バス

払沢(ほっさわ)の滝 東京都檜原村

東京都で唯一、日本の滝百選に選定されている名滝
日本の滝百選に入る払沢(ほっさわ)の滝は檜原村の滝を代表する名滝で、毎年多くの観光客が訪れます。最下段(26m)の落ち込みにある深い淵はとても神秘的で、古くから大蛇が棲むと伝えられてきました。

神戸岩 東京都檜原村

神戸(かのと)岩は、東京都天然記念物に指定されていて、大昔の地殻変動で二つに割れたと伝えられています。絶壁を見上げながら歩く遊歩道から、岩の間のトンネルをくぐり裏側にも抜けられます。
神戸岩(かのといわ)

東京都檜原都民の森 東京都檜原村

奥多摩三山の最高峰である三頭山(みとうさん)の中腹、標高1,000m〜1,500mに広がる都民の森は、四季折々に変化する景観や、さまざまな動植物などにふれあえる自然の宝庫です。197ヘクタールの広大な森林は、「出会いの森」「生活の森」「冒険の森」「野鳥の森」「ブナのもり」の5つのゾーンに分かれています。歩く・見る・聴く・出会う・作るなど、子どもから大人まで色々な森の楽しみを満喫できます。
森林官全景
ウッドチップで整備された
セラピーロード
野鳥観察小屋室内

名瀑 百尋の滝(ひゃくひろのたき)東京都奥多摩町

奥多摩を代表する名瀑
奥多摩を代表する名瀑・百尋の滝は、川乗山登山コースにあり、川沿いの林道から望むことができる。落差30mを水しぶきをあげて流れ落ちる姿は圧巻です。
百尋の滝
奥多摩観光協会>みどころ

鳩ノ巣渓谷 東京都奥多摩町

紅葉の鳩ノ巣渓谷
約40mの断崖の下、多摩川が、巨岩・奇岩の間を流れる鳩ノ巣渓谷は、奥多摩随一の渓谷美を誇る。紅葉の頃はひときわ美しく、特に鳩ノ巣小橋(吊り橋)からの眺望がお勧めです。
紅葉の鳩ノ巣渓谷
奥多摩観光協会>みどころ

日原鍾乳洞 東京都奥多摩町

夏はひんやりと涼しい鍾乳洞
関東随一の規模を誇る洞内は、荘厳な雰囲気の中に白衣観音やガマ岩、天井知れずなど幻想的な空間を創り上げています。中でも新洞内は見事に成長した石筍、石柱が乱舞する別世界です。
日原鍾乳洞
日原観光案内>日原鍾乳洞

アウトドア 東京都奥多摩町

渓流釣り場やキャンプ場でアウトドアの達人になろう!
町内には多摩川、日原川、大丹波川などに絶好の釣りスポットがあるほか、初心者でも簡単に楽しめる管理釣り場が数多くあり、家族連れでも楽しめます。
また、河原の周辺にはバンガローやロッジ、幕営地を整備したキャンプ施設も多くあり、家族や友人たちとキャンプを楽しむことが出来ます。
フィッシング(管理釣り場)
キャンプ風景